• TOP
  • グランプリとは?

今年1月から11月のSGチャレンジカップ最終日までの獲得賞金1位から18位が出場できる大会。他のSG大会のように優先出場権はなく1年を通して安定し活躍できないと出場できない。毎年、18番目の最後の争いも激しく昨年は18位前本泰和が58,049,500円、19位の辻栄蔵が57,778,000円でその差は約27万円で前本がグランプリ初出場を勝ち取った。

第29回大会(14年)からファーストステージ、セカンドステージ制度を導入。獲得賞金7位~18位のレーサー計12名が初日、2日目の11R、12Rのトライアル1stに参戦。各レーサー2レースずつ行い、得点率上位6名がトライアル2ndに進出。そして敗退した選手は3日目からグランプリシリーズ戦回りとなる。3日目から5日目のトライアル2ndは賞金ランキング1位~6位の選手に加え、トライアル1stで勝ち上がった6名の12名で行われ、各選手は予選3走の超短期決戦に挑む。その成績上位6名(1stの得点は持ち越さない)がグランプリ優勝戦に進める。

ボートレーサーなら誰しもが一度は出場したい最高の舞台。「あの大勢のお客さんの前で走れるなんて気持ちがいい」と。もちろんそれまでの道のりは決して平たんなものではないが、「プロとして目指すべき場所」と語る選手がいる。王者・松井も毎年「グランプリ出場」とブレない。今年、絶好調の毒島は「一年通して、グランプリに出て勝つために日々費やしている」と。出場できるだけでも大変でレースも過酷なのだが、「賞金よりも黄金のヘルメットが欲しい。タイトルが欲しい」と。その栄冠、頂点を目指すべきところだ。

グランプリの前身の賞金王決定戦が創設されたのが1986年(昭和61年)住之江で開催。時期は毎年12月で「ボートレース1年の集大成」となっており、開催地は住之江が今年含めて28回と多くを占める。その年の獲得賞金上位12名だけに出場権がある大会で初代Ⅴは彦坂郁雄。当時の優勝賞金は3000万円だったが、徐々に賞金が上がり、12回大会(97年)では公営競技初の1億円。その優勝賞金の第1号となったのが服部幸男。26歳でのⅤは当時の最年少記録。

グランプリ最多優勝
激闘のグランプリを3度も制したレーサーが4名。
モンスターこと野中和夫(第3、7、8回大会)、平成の不死鳥の異名を持つ植木通彦(第10、11、17回大会)ともに引退し、現役選手では田中信一郎(第16、18、19回大会)、松井繁(第14、21、24回大会)。前人未踏Ⅴ4の大記録に挑戦ができるのは今現在この2人だけだ。

最年長V&最年少V
  今年で33回を迎えるグランプリで最年長Vとなるのが、野中和夫で49歳(第8回大会)。最年少は太田和美で25歳(第13回大会)。ちなみにグランプリ覇者の平均年齢は36歳。

最多出場
モンスター野中(引退)で10回。12回で不死鳥・植木(引退)と天才・瓜生が並び、レジェンド今村豊でさえ15回だが、それをはるかに上回るのが王者・松井繁。その数は22回。その数字にも驚かされるが、12年連続出場中とマジ半端ない。今年も出場となればまた伸ばすことになる。

トライアル最多勝利数(1着数)
1位松井繁(16回)
2位植木通彦(10回)
3位池田浩二(9回)
4位野中和夫山崎智也瓜生正義井口佳典(7回)
グランプリ出場回数が多い松井が、1着の数も抜けている存在。レース数が多いからといって簡単に勝利を挙げれる訳でもなく、この16回の勝利数は重みを感じる。