• TOP
  • ドカーンといかなきゃダメでしょう!12/23号

グランプリ 優勝戦 12R

1峰 竜太
2井口 佳典
3白井 英治
4 岡崎 恭裕
5毒島 誠
6菊地 孝平

昨日はようやく、11Rを的中させて頂きました。
ですが、せっかく住之江まで行かせて頂いたのにトータルはボロボロ。 1マジでヤバいぐらいボロボロ。
ただ、生の迫力はやはり格別で、ほんとうに場内は盛り上がっておりました。特にシリーズの準優勝戦からはコース取りも激しく、あの歓声やどよめきの凄さは久しぶりって感じ。
当然、最終日は更に盛り上がることでしょう。
なので、終わり良ければ全て良し! となるよう、今日も勝負勝負~!
わたしは今年のグランプリは、是非とも峰選手と毒島選手に優勝戦に乗って欲しかったんです。
何故ならば、2018年のボートレース界を引っ張ってきたのは、この2人なんですから。
なので、ほんとうに良かった。
ですが、昨日の12Rの峰選手の5コースからの捲り差しを見て、峰選手の優勝を確信しました。それぐらい見事だった。
相手筆頭は、もちろん毒島選手です。菊地選手が前付けに動けば6コースの可能性もあいりますが、それでも展開を突いての2着は充分。
とにかくコース取りが読めない状況ではありますが、わたしは菊地選手は3コースまでには入ると見ています。
それでも峰選手のイン逃げは揺るがないです。
2018年の総決算! そして、峰時代の幕開けとなるのか?
今夜も眠れそうにありましぇん!

坂上 忍